カードローンの借り換え行うメリットとは

カードローンの借り換え行うことで、利息が軽減されるなどの多くのメリットがありますが、反対にデメリットも存在しています。カードローンの借り換えを行った後に、そのデメリットに気づいても、借りた後に契約の変更をすることはできません。そのためメリットやデメリットをしっかりと頭に入れ、納得したうえでカードローンの借り換えを行う必要があるのです。それではカードローンの借り換えのメリットやデメリットにはどのようなことが挙げられるのでしょうか。まず最大のメリットとしては、低金利で借り換えることにより、利息が減るということがあるあげられます。これにより今までと同じ金額を返済し続けたとしても、元金充当額が多くなるため、借入残高の減りが早くなります。そして利息が減るということは、毎月の支払い金額も減るということになります。毎月の支払いが大きな負担になっていた人にとっては、少しでも毎月の支払い金額を減らすことができるので、負担が減ることにつながります。

また複数の借り入れを一つの金融会社に借り換えた場合には、今までは複数の金融会社に返済することが必要でしたが、一つにすることで支払いの手間を省くことができます。返済する日時は金融会社によっては異なってくるので、どの金融会社に、どの日時に支払いを行わなければならないのかということを、把握しておかなくても済むことになり、管理が非常に楽になるといえます。それではどのようなデメリットがあるのでしょうか。デメリットはそれほど多くはありませんが、注意しなくてはならないことがあります。それは複数の借り入れを一つに借り換えた場合には、総量規制がかかわってきます。借り換え行った金額が年収の3分の1以上になってしまうと、その後には追加の借り入れが一切できなくなってしまいます。しかし銀行カードローンであれば、総量規制の対象外となっているため、追加で借入することが可能になります。