カードローンの審査に通る基準って?

急な冠婚葬祭が続いて今すぐ手元にお金が欲しいという人や、月末までお金が足りなくなったというピンチを経験した人は多いものです。このような状況に陥ったときに便利なのはカードローンですが、やはり審査に通るかどうかが一番の不安材料になるものです。カードローンの審査に通るか落ちるかの基準はどことの企業も公開していないので詳細はわかりませんが、目安として年収や年齢などはHPでも掲載しています。基本的な審査基準は20歳以上で安定した収入がある人、また申し込んだ先のカードローン会社の利用が初めてなのかどうかも見られます。もし過去に利用したことがあるのなら過去の返済状況が順調だったのか滞っていたのかもチェックされますし、ブラックリストに名前がのっていないかという部分までチェックされるのです。これらの情報はどこの金融機関でもチェックされるものですし、他社で借入をしている場合でもすべて把握されます。

カードローン会社はあなたが本当に信用できる人なのか、きちんと返済をしてくれる人なのかという部分を見てるのです。(カードローンおすすめサイトはコチラ)また同時に個人情報もチェックされています。名前、年齢、勤続年数、家族構成、住居形態、住居年数などですが、勤続年数と住居年数は長ければ長いほどカードローンの審査に通りやすくなります。住居形態は賃貸であるのか、また持ち家であるのかというところをチェックされますが、持ち家に長く住んでいるという場合は安定した収入があると判断されますし、勤続年数も長ければ長いほど有利になります。公務員や正社員は最も審査に有利ですが、派遣社員でもアルバイト、パートでも安定した収入を得ているなら審査に通る可能性は高いのです。パートやアルバイトでもカードローン会社が安定した収入があると判断するとカードローンを利用することができるのです。ただし最低でも半年か一年以上の勤続年数が必要です。職場を転々としていると信用できない人だと判断される可能性があります。